Back to 歴史SLG Back to 歴史game

其の27

其の29




歴史game のお話 其の28


乙三さん
E-mail:
jo6-life@nsknet.or.jp

  「将星録にだって取り柄はある」

 天翔記以前の信長シリーズと較べ、将星録は内政と軍勢を含むユニット移動を戦略画面1つで表現しようとしている点や「兵糧攻め」の再現に初めて成功している点、「支城」を新たに築城できるようになった点も評価できます。軍勢以外の行動もユニット化して動きのある戦略画面にした点は、RPGとしてプレイする分には楽しい!と感じるプレーヤーも多いでしょう、SLGとしては評価が分かれる部分と思いますが...。

 というのは「兵糧攻め」ってゲームで再現しようとすると厄介なテーマだからです。天翔記以前では兵士以外の米,鉄砲など資産のほとんどが軍団レベルで管理されていますから、野戦場面で城1つ囲んでみてもシステム上「兵糧攻め」は成立しない訳です。将星録では城=(天翔記に於ける)軍団という発想ですから、ユニットを城の出入り口にあたる周囲4スクェアに張り付けることによって城を孤立させる方式が整合性を持つ訳です。

 また天翔記以前では「野戦築城」が再現できていなかった点も指摘しなければなりません。特に長篠の合戦では馬防柵という野戦築城を行ったことが織田・徳川連合軍の勝因の1つであり、また関ヶ原戦に於いて石田三成の軍が東軍諸隊に集中攻撃されながらも終盤まで持ちこたえた理由の1つが陣地の城塞化にある以上、野戦築城をルールに取り入れるのは歴史SLGとして必須の課題(そんな大げさな!笑)ではないかとさえ思われます。
 この点、将星録では不完全ながら「支城」の築城がルール化されており、今後に期待を持たせてくれます。
 理想を言えば、風雲録以来の野戦画面に於いて野戦築城コマンドを行うと地形効果が変化し、敵ユニットの突撃や協同攻撃が不可能になったり、敵ユニットからの鉄砲射撃の効果が減少したりする形が望ましいのですが。また城の攻防に於いても、野戦築城コマンドによって「付け城」や急造の外郭を再現する ことが可能になります。
 この付け城とは、例えば秀吉の小田原城攻めの石垣山城など長期の攻囲戦に際して陣地を城塞化することです。急造の外郭というのは、例えば小牧−長久手戦に於いて家康が自軍の大部隊を手狭な小牧山の古城に収容するために小牧山全域を城塞化したことが上げられます。いずれも戦国時代中頃からしばしば見られた事例です。

 なお私は天翔記では"攻め"に徹しておりましたので、恥ずかしながら唯の1度も築城コマンドを行ったことがありません。そこでご存じの方にお伺いしたいのですが、城の Lv が上がる際に城マップを描き変えられたり切り替わったりするのでしょうか?。
 信長シリーズの次回作を私なりに推測すると風雲録>天翔記という流れに沿ったゲームになると思われますが、その P.U.K.には城マップの改造機能も盛り込んでいただきたいものです。

かしこ

yosiyanさん

どうも、将星録ハンドブックを読んでみて二三気がついたことがあったので書き足しておきます。
野戦になった時、敵の士気が自分の率いている軍隊と対戦前から違う場合があります。どうやら敵を包囲してから野戦に引き込むと自分の兵の士気が上がるようです。兵隊の士気が上がるとクリティカルヒット(自分の兵隊が攻撃するときに稲妻が走るあれ!)の確立がでやすくなるんだそうです。
敵の部隊を一部隊消しても自分の軍勢の士気があがるのだそうです。

奇妙丸さん
E-mail:
sfuku@mxi.meshnet.or.jp

宇喜多殿へ
天下静謐祝着至極に存じます。拙者も統一には時間が係り申した。
正確な年代は忘却の彼方で御座るが、シナリオ1で始めて最後の小田原城を落とした時は信長公が90才を過ぎて居った...(^^;)

このペースでシナリオ5をやると、どうなるのだろうか?
大体、シナリオ5をクリアした御仁は居るのでしょうか?
武将が全員死に絶えて「武将が居なくなったので世の中は平和になりました」
と風雲録の時のようなメッセージがでるのかな?

将星録を「駄作」と言い切った御仁を見かけましたが、その理由は時間が係りすぎる点
に有ると思います。しかし、天翔記はその逆ですが・・・。
拙者は天翔記の軍団制システムを残してほしかった。他にもあります。
群雄伝,天翔記の「家臣教育」
風雲録の「野戦」
覇王伝の「本城と支城の関係」と「従属同盟」
それから個人的にイチオシなのがSFC版天翔記の「籠城戦」です。
この籠城戦は大名以外は基本的には委任状態で進みます。妙にリアルだった。
ちなみに野戦も最初に陣形を決めアクションゲームの様に十字キーを操作します。
謙信しか使えない「車懸の陣」は本当にグルグル回ります。

まあ、人にはそれぞれ好みが有りますから「駄作」と思った人は次回に期待しましょう。
拙者の将星録の評価は「佳作」カナ。拙者の中では風雲録が一番です。

LAXひろさん
E-mail:
st61288@srv.cc.hit-u.ac.jp
HP:Hitotsubashi-Lacrosse H.P.

天下統一話に反応。うっかり八さん、兇了だと思って私の真田で天下統一への道を書きます。参考になれば良いですが。宇喜多殿がシナリオ3についてお書きになっておられるようなので(シナリオ3真田でクリア!すごいですね。私はさすがに恐くてしませんでした)私は信長の死直後のシナリオ2について。
まず、北信州統一。同時に甲斐、南信濃など主家の徳川に邪魔されない限り城をとる。その後外交で徳川との関係を最高にしてから同盟破棄。直後にまた徳川と同盟(これで従属関係は解消)。以後徳川とは盟友であり続けました。この時点で北条はまだ強敵なので越後に侵入(ここら辺はシナリオ3でも一緒ですね)。断然国力が上の上杉家が相手だが、何とか勝って(勝てるはず)越後を統一。 以後越後は真田家の重要拠点となる。越後のあと真っ先に攻めるべきは北越です。 ぼんやりしていたら宿敵羽柴が畿内を平定して攻めてきます。羽柴とは泣く泣く同盟を結びますが(この時点では100%勝てません)、彼らの領地を少しでも小さくするためにできるだけ西に勢力を伸ばします。私は越前の途中で(金ヶ崎)羽柴大軍団がやってきました。この時点で西上を終え、東北平定を目指します。こちらが東北を平定し、北条と戦いを繰り広げている頃、羽柴改め豊臣は西日本をほぼ完全に制圧していました。のこる毛利は従属し、島津はぼこぼこにやられています。またこのころ真田の二本柱信幸、信繁がそれぞれ信之、幸村と改名しました。 北条を完全に倒し東日本を東海の徳川を除いて平定したころ、ついに盟友徳川が豊臣に従属してしまいました。意を決して豊臣と恐る恐る同盟破棄。以後倒しても倒してもやってくる豊臣の精鋭たちを相手に書き表せないほどの激戦を続ける。途中徳川の突然の侵攻、昌幸の死と信之の家督継承などいろいろありましたが(何回かあきらめかけた)何とか豊臣を押し返す。畿内を平定し、そのあとはあっけないほど楽に全国統一。 エンデングの統一の軌跡を見ながらジーンと感動してしまった。
以上です。
内政面の勲一等は大久保長安。
戦闘ではもちろん信繁、あと、臣従の政宗でしょうか。
二代目信之の名君ぶりもよかったです。
ちょっと感情込めすぎで乱文長文になってしまい失礼いたしました。
それでは。うっかり八さん報告お待ちしております。

マモルさん

マモルでござる。
やっぱりこっちの方が拙者にはあっておるのかの、そうじゃ、今宵は両方に書いてみようかの。
拙者も「将星録」を駄作とは思わぬ、関東地方の内政をやってから初めて面白さがわかった。つまり、今回は内政重視なんじゃ、シムのようなゲ−ムじゃと思えば...駄作かの?いや、なんかたのしいと思うのじゃが...
まぁ、傑作ではあるまい、奇妙丸殿と同じ佳作じゃろう、拙者も「風雲録」が傑作じゃと思う。いまだにあるが、音が出ん、なぜじゃ?!よく分からぬのう、ぱそこんって...

う−む、歴史評定に何書こう...竹中半兵衛のことでも...いや、皆の方が詳しそうじゃな、そうじゃ!あれを書こう!!

流れ公方(福田康啓)さん
E-mail:
santana@cyborg.or.jp

信長の野望の事じゃなくて申し訳ないのですが誰か「毛利元就」やってる人いませんか?
今日買ってきたばかりなのですが、雰囲気としては「太閤立志伝」シリーズのような感じだと思って買って見たのですが、、、、難しい、、、、
第三話「兄と弟」の合戦でいきなりつまずいてしまった、、、
何回やっても良いところまで行くんだけど、いつも時間切れ、、、、(;;)
あれ50ターンで終わらせるのって可能なんだろうか?
ワシが下手なのかのう、、、

梅岳承芳さん

 イチニイさん、大閣立志伝2の改造について書いておられましたが、具体うな問題でしょうか?一つには、武将の所属する城と大名を変更しても、うまくいかないという点だとおもわれますが。

其の27

其の29